いまさら結婚式なんて~と思うようになった30代半ばの晩婚で結婚しました。プロポーズもあっさりとしたもので、突然指輪を差し出されるというロマンチックなものではありませんでした。結婚式も身内だけでひっそりと挙げ、友人知人にご挨拶の葉書を送るというジミ婚で、結納もなし。結婚指輪こそペアであつらえましたが、婚約指輪はもらわないままです。
私は5月が誕生月なので、もし貰っていたならエメラルドの指輪だったはず。12月生まれで誕生石はトルコ石という友人にいわせると4月生まれと5月生まれは高価な誕生石で羨ましいそうです。婚約指輪は生まれ月に関係なくダイヤモンドでOKなので、ダイヤモンドの婚約指輪と誕生石のガーネットの指輪と両方もらったという1月生まれの友人もいます。
私は指が太くて指輪の似合う手ではないので、今さら指輪なんて、と思う反面、最近になってやっぱりエメラルドの指輪がほしい、と思うようになりました。婚約指輪を40代、50代になって身に付けるのも素敵だと思うのです。

News Reporter